• 生命保険の種類について

    生命保険の種類は機能別にいくつかにわかれます。

    万一に備える保険:万一の場合の死亡保障機能

    定期保険: 定期保険は、保障が一定の期間内のみ有効になっています。基本的に「掛捨」ですが、そのぶん保険料が割安になっています。掛捨の保険のため、割安な保険料で、より大きな保障が確保できます。責任が重く万一に必要な金額が大きい方、保障を必要とする期間が決まっている、万一のときの資金を確保するといった目的に適しています。

     

    最近では保険金を一時金としてではなく、少額ずつ受け取る年金のような形式*の収入保障保険が主流です。お給料と同じように毎月の分割でお金を受け取れるので、収支計画や、毎月の家計管理がしやすく、安定した生活を送れるといったメリットがあります。また、保障額は経過に応じて減っていくことになるので、従来型の定期保険に比べて、保険料が割安に設定されています。(*保険金を一時金としてまとめて受け取ることも可能ですが、年金型で受け取るよりも総額は少なくなります)

  • 病気やケガに備える保険:病気やケガの入院費用や治療費用に対する保障機能

    医療保険: 医療保険とは病気やケガにおいて、公的医療保険ではカバーしきれない費用負担に備えるものです。基本的には最初に設定した一日あたりの給付金✕入院日数が支払われますが、特約により手術時の給付金や特定の疾病の際に支払われる一時金、また健康保険の対象とならない先進医療における実費を給付するなど、ニーズと予算に応じて細かく内容を設計することが可能です。

     

    医療保険には定期型と終身型がありますが、高齢化進む現在では終身型のものが主流となっています。

    また、保険料のお支払いも有期型と終身型があり、最近では所定の年齢までに支払った保険料のうち、使わなかった部分が戻ってくるものなど、様々なタイプの商品が販売されています。

  • セカンドライフやお子さまの教育資金に備える保険

    終身保険: 医療保険とは病気やケガにおいて、公的医療保険ではカバーしきれない費用負担に備えるものです。基本的には最初に設定した一日あたりの給付金✕入院日数が支払われますが、特約により手術時の給付金や特定の疾病の際に支払われる一時金、また健康保険の対象とならない先進医療における実費を給付するなど、ニーズと予算に応じて細かく内容を設計することが可能です。

     

    医療保険には定期型と終身型がありますが、高齢化進む現在では終身型のものが主流となっています。

    また、保険料のお支払いも有期型と終身型があり、最近では所定の年齢までに支払った保険料のうち、使わなかった部分が戻ってくるものなど、様々なタイプの商品が販売されています。

  • お見積・ご相談

    お見積り依頼や見直しについてはお気軽にご相談ください。

All Posts
×